--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/15 (Thu) Parto

夕方、町の空気が濃くて、一日の疲れを噛みしめながら、
でもそれを心地よく感じる時、私はいろんな記憶を呼び覚ます。

記憶の引き出しの中のフィレンツェを思うと、
なぜか「舌の記憶」しか蘇らないのはなんでだろう?
私は五感も六感も七感も(!?)大切にしている。

あの角のトリッパ屋さんのチーズの香りや、
柿のカクテルの舌触りと味、ケバブの皮と焦げた肉の味、
オリーブオイルの舌を刺す青臭さ、カルチョーフィの灰汁… 
そしてそれらを作っているのは、いつもふと見せる笑顔が優しい、
大きな殻のおじさんばかり
フィレンツェに行くとなると、
あそこの何を食べるという計画しか立たなくなる…
シチリアを思う時は、はっきりと空気の臭いと色彩と町の音を思い出すのに… 


 3日ほどFirenzeには滞在します。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<今日の収穫 | TOP | 譜読みの嵐>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://okamotosumi.blog65.fc2.com/tb.php/210-c03c8534

| TOP |

訪問者数

最新記事

プロフィール

Sumi

Author:Sumi
ソプラノ歌手。
神戸女学院大学音楽学部卒業。
同大学専攻科修了。
イタリアではシチリア島”Bellini国立音楽院”で学ぶ。オペラからサロンコンサートまで幅広く活動中。
2012年より横浜市在住。
関西二期会正会員。
アンサンブル・サモスココスメンバー。
ギターとマンドリンと歌のアンサンブル、
Aura Liberaヴォーカル。


演奏のご依頼、レッスンのご依頼は、
コチラまで↓ 
ticket-okamoto@hotmail.co.jp

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。