--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/07/08 (Sat) La Traviata per banbini

今日も文化庁の「椿姫」の合唱練習です。

この公演は、うちの団体が文化庁に認められて、昨年から全国の決められた場所に
オペラ公演をしにいくというもので、
お客さんはたいがい、小・中・高校生。
よく、学校時代、歌舞伎を見たり、オーケストラを聴いたりと
あの手のものです。
私も、かつて小学校の時オーケストラを聴いては、
指揮者の動きに興味をもち、よく真似したのを思い出しました

今度は新潟と栃木に行くのですが、相手は小学生。
もちろん、オペラ初めて、イタリア語初めてって子達。
題材はともかくとして(内容には賛否両論あったみたい・・・
なんせ、「道を踏み外した女」ですから・・・)、
ほんものの舞台を子供達がキラキラした目で見て、
感じてってすごいことですよね。
緊張します。子供は反応がそのまま返ってくるから。

私だってまさか、自分が公演しに行く側になるとは、
当時は夢にも思っていませんでしたが、
もしかしたら、未来のオペラ歌手が見てるかもしれませんし

子供達には、いい公演にして、感じさせてあげたいです。

ところで、久々の社交界のドレス。
最近、少年やら、巫女やら楽な格好でしたが、
きらびやかなドレスは重い重い
綺麗なドレスは憧れですが、大変っす

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<Auguri !! Azzurri!! | TOP | Ganzo・・・>>

comment











管理人のみ閲覧OK


そうなんです・・・ 

小学生には説明のつけようの無いこのストーリー。。。
ただの恋愛話ならいいのですが。

でも、昨年公演したときは、
子供達のすすり泣きが会場に聞こえたとか。
心に響くものは、彼らにはわかるんですね

いい公演になるように、がんばります

2006/07/20 18:29 | sumi→P@ママ友 さま [ 編集 ]


椿姫 

小学校2年生の時に図書館で借りたのがオペラのストーリーの小説でした。
2年生では意味のわからない単語がいっぱいで母親質問攻め!
「高級娼婦ってなに?」
「高級な娼婦だよ」
まぁ間違えは無いですが、ワタシ的にピンと来てやたら大人の匂いがしたものです。
ある種性教育みたいなもんかな。
内容図書館にあったから大丈夫でしょう!
そっちはイタリア語、こっちは日本語漢字には全部読みがなつきでしたから!!!

ご活躍期待してます^^

2006/07/12 03:56 | P@ママの友達 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://okamotosumi.blog65.fc2.com/tb.php/60-ed3ccb34

| TOP |

訪問者数

最新記事

プロフィール

Sumi

Author:Sumi
ソプラノ歌手。
神戸女学院大学音楽学部卒業。
同大学専攻科修了。
イタリアではシチリア島”Bellini国立音楽院”で学ぶ。オペラからサロンコンサートまで幅広く活動中。
2012年より横浜市在住。
関西二期会正会員。
アンサンブル・サモスココスメンバー。
ギターとマンドリンと歌のアンサンブル、
Aura Liberaヴォーカル。


演奏のご依頼、レッスンのご依頼は、
コチラまで↓ 
ticket-okamoto@hotmail.co.jp

最新コメント

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。